毎回生理が来る前ってすごくつらいですよね。普段なら全然我慢できることにイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になって仕方ない方にオススメしているのが漢方による改善です。身体にいいと噂の漢方を使用して身体の不調を改善しましょう。更にはピルを使ったテクニックも紹介します。

漢方と生理痛の女性
目次

辛いPMSはピルで緩和することができるって知ってる?

辛いPMSの症状は、ピルで緩和することが出来ます。
PMSは、ホルモンバランスの変化によっておこる様々な不快な症状ですが、その緩和には低用量ピルに含まれる成分のエストロゲンが効果的です。
エストロゲンは女性の体内で分泌される女性ホルモンの一種ですが、低用量ピルに含まれるため、毎日服用することでホルモンバランスを一定に調整してくれる働きが期待できます。

女性の身体は何らかの原因でホルモンバランスが崩れると、様々な不快な症状が出てしまうことが珍しくありませんが、低用量ピルを服用してそのバランスを調整することでPMSの症状が無くなることがわかっています。

低用量ピルに含まれる成分が体の中のホルモンバランスを整えるため、女性のホルモンの変動にまつわる様々な症状を緩和するだけでなく、本来の目的である避妊もすることが出来るため、望まない妊娠を防ぎながら不快な症状をなくす効果が期待できます。

低用量ピルには2種類の女性ホルモンが配合されていますが、本来女性の身体にも2種類の女性ホルモンが分泌されているため、自然な形で女性の体内のホルモンバランスを調整することが出来るのが低用量ピルの特徴です。

婦人科や産婦人科ではPMSの症状の緩和を目的として低用量ピルが処方してもらえますので、排卵時や生理前の不快な症状が気になる方は、婦人科や産婦人科に相談をすることで低用量ピルを処方してもらうことが出来ます。
正しく服用することで、ほぼ100%に近い避妊効果を得ることが出来ますので、妊娠を望まない方からもちょうほうされています。

薬はドラッグストアなど度で購入できるものではなく、医師の処方によって購入することが出来ます。
クリニックによってはまとめて複数のシートを購入することが可能で、定期的な検診で血液検査やガン検診などを受けることが推奨されています。
費用は健康保険が適用にならず、1シート当たり3000円前後が相場です。

ピルを購入するならここが参考になります。

PMSには低用量ピルのトリキュラーがオススメ

日本の婦人科や産婦人科で処方される最も代表的な低用量ピルがトリキュラーです。
トリキュラーは女性の身体で分泌される女性ホルモンの働きに近い形で自然にホルモンバランスを調整してくれる低用量ピルで、避妊用にも第一選択肢として処方されるクリニックが多くあります。

低用量ピルにはいくつかの選択肢がありますが、特に希望しない場合には最もスタンダードな選択肢としてトリキュラーが選ばれることが少なくありません。
トリキュラーは日本で認可されている低用量ピルの中でも比較的古くから使われている種類ですので、実績があり、多くの女性が使っている製品です。

そのため、クリニックで処方されるいくつかの低用量ピルの選択肢として一番に選ばれることも多くあり、1シート処方されて特に問題が無ければ2シート目以降もトリキュラーを飲み続ける人が多い傾向にあります。

長く使われている実績のある低用量ピルはそれほど多くなく、他の低用量ピルは発売中心になったり新しく販売されたため実績があまり多くないものもあるなかで、トリキュラーは口コミ件数も多く実績のある低用量ピルとして古くから女性の避妊やPMSの症状緩和につかわれてきました。

トリキュラーはもともと避妊のための薬ですが女性のホルモンバランスを整える効果が期待できますので、生理前のイライラや肌荒れ、腹痛や頭痛や気分の落ち込みなどに悩まされている方はトリキュラーの服用を始めてみてはいかがでしょうか。
安全に服用することが出来るスタンダードな低用量ピルとして知られているトリキュラーは世界中の女性から愛用されており、インターネット上の口コミでも好評です。
価格も安めに設定されているクリニックが多いのも特徴です。