毎回生理が来る前ってすごくつらいですよね。普段なら全然我慢できることにイライラしたり、腹痛や頭痛などの身体の違和感が気になって仕方ない方にオススメしているのが漢方による改善です。身体にいいと噂の漢方を使用して身体の不調を改善しましょう。更にはピルを使ったテクニックも紹介します。

漢方と生理痛の女性
目次

PMSとは生理が始まる2週間前ぐらいから現れる身体的、または精神的症状です。
イライラや腹痛、眠気、頭痛などいろいろな症状が出てくるのですが、生理の始まりとともにピークは過ぎて軽くなっていくのが特徴です。

イライラ、腹痛、頭痛PMSには個人差があり、人によってはいつもと変わらず元気に過ごせる人もいれば、布団から出られない、体が動かせないほど辛く感じる人もいます。
ただし風邪のように鼻水や咳が出るといった、他人から見てわかりやすい症状が出る訳ではないので、なかなか周りからPMSの辛さを理解されないのが現状です。
そういった事から市販の薬に頼る人も多いですが、実はPMSに効果のある漢方薬もあります。
即効性は無いものの、ゆっくりと辛い症状を改善させ、根本的な解決へと導いていきます。

PMSが引き起こす身体と精神に及ぼす影響とは

PMSについて説明する女医そもそもPMSには卵胞ホルモン、黄体ホルモンという女性ホルモンが大きく関係してきます。
卵胞ホルモンとは乳房や子宮を発達させ女性らしい体をつくる、子宮内膜を厚くする、自律神経のバランスを整えるといった作用があります。
一方の黄体ホルモンは子宮内膜の厚さを維持して着床しやすい状態にする、妊娠中の状態を安定させる、体内の水分を保持するなど、妊娠を助けるホルモンとして活躍してくれます。

このように女性にとって重要な働きをしてくれる2つのホルモンですが、PMSは排卵から生理前に分泌される黄体ホルモンが、脳内物質や水分代謝に影響する事で体調が不安定に事によって起こると言われています。
また、排卵後には卵胞ホルモンの分泌が減る事で、喜びを感じる脳内物質であるセロトニンが急激に低下し、精神的に落ち込むようになるとも考えられています。

PMSによって起こりうる具体的な症状ですが、まず身体的症状が下腹部痛、胃の痛み、下腹部のふくらみ、お腹の張り、腰痛、お尻から背中の痛み、肩凝り、胸の張り、頭痛、吐き気、寒気、のぼせ、動悸、めまい、貧血、眠気・肌荒れ、ニキビ、吹き出物、歯茎の腫れ、口内炎、倦怠感、疲れやすい、むくみ・体重の増加、食欲増進または減退、消化不良、下痢、頻尿、体臭、おりものが増える等が挙げられます。

また身体の調子が悪くなるだけでも精神的にも不調を感じる人が多いです。
イライラする、精神的に不安定になる、憂うつ、無気力、集中力低下、ぼんやりする、寝付けない、不眠などの症状が出てきます。
身体的、精神的合わせてその種類は200以上とも言われていますが、人によって現れる症状が違い、同じ人でも月によって様子が異なる事があります。

ちなみにPMSには個人差があると言われてますが、PMSの症状を強くする要因というものもあります。
例えば就職や転職、結婚、離婚、転居、一人暮らしなど環境の変化が起きた時は常に緊張している状態になるので、その分ストレスも感じやすく、症状もきつくなってしまいます。
さらに几帳面なタイプで普段から細かい事を気にしやすい性格、ちょっとした事でクヨクヨと悩んでしまうタイプの人はPMSの症状も強く感じる傾向にあります。

またライフステージでPMSも変化していきます。
およそ18歳から45歳の間は性成熟期と呼ばれており、女性が妊娠や出産するために適した時期です。
その反面、女性を悩ますPMSの症状もこの時期に現れます。

20代では乳房の張りや下腹部痛、頭痛など身体的症状が強く出る傾向にあり、30代は精神的に不安定になる、攻撃的になる等の精神的症状も顕著になってきます。
特に30代はPMSの症状がピークになると言われてます。
この年代は仕事に子育てに忙しくなり、それがストレスとなって症状を強くさせてしまう事もあります。
また出産の有無でも症状は異なり、出産した女性は精神的症状が出やすいのに比べ、出産経験が無い女性は身体的症状が続くのが特徴です。

当の本人にとっては、PMSの症状が出てくる時期は憂鬱に感じるものですが、病気ではなく、また目に見えてわかりやすい症状が出てくる訳ではないので、なかなか周りに辛さを理解してもらいにくいです。
時には怠けていると思われる事もあり、それがまた精神的苦痛になってしまうのです。

何とか市販の薬を飲んでやり過ごす人も多いですが、実は薬を飲んでその症状をごまかしているだけで、全く解決にはなっていません。
また長く続ける事で、効能よりも依存性が強く出てしまうケースが多いです。
もしPMSの症状が辛い、でも薬には頼りたくないといった場合は、漢方が有効です。
薬のように即効性がある訳ではないので、効果が出るまでは少し時間がかかるかもしれませんが、ジワジワと体の中から効いてくるので、体への負担も少なく済みます。

PMSの身体的症状に効く漢方薬

昔から漢方薬は女性の味方と言われており、PMSの治療にも幅広く取り入れられています。
1つの漢方薬には複数の生薬が配合されているので、1つの漢方で複数の症状に複合的にアプローチして解消することが出来ます。
PMSの症状は200以上もあると言われており、1つだけではなく複数の症状を抱えている女性も少なくありません。
特にきつい症状がなくても、様々な不調が重なる事で結果として大きな不調に陥っている女性に漢方は心強い味方となってくれます。

ただ漢方薬にもそれぞれ特徴があり、効果を実感するためにはそれらの効能についてしっかりと知っておく必要があります。
漢方がPMSに効果があるといっても、体の不調を和らげてくれるのか、精神状態を安定させてくれるのか、その人によって求める効果も異なります。

まずは身体的症状に効く漢方薬です。
身体の不調は、生理前に身体が栄養や水分をため込もうとした結果、血の巡りや身体の循環が悪くなったことが原因で起こります。
そこで血行を良くし、代謝を上げ、身体の循環をよくする効果を持った漢方薬で、体質改善していくことが大切になります。
身体的症状に効く漢方薬として挙げられるのが当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯の3種類になります。

当帰芍薬散には当帰、川芎、芍薬、蒼朮、沢瀉、茯苓という6種類の生薬が配合されています。
生薬のうち、当帰と芍薬が主な成分となっているので当帰芍薬散と呼ばれていますが、当帰には血行を良くして貧血を改善する作用、芍薬には生理痛などの痛みを和らげる作用が知られています。
PMSの症状の中では、当帰芍薬散は血行改善や頭痛、むくみ、肩こりなどに効果があるとされてます。
またPMSだけではなく、貧血や生理不順など女性に起こりやすい症状によく使われます。

桂枝茯苓丸は血行を良くする効果のある漢方薬です。
桂皮、芍薬、茯苓、桃仁、牡丹皮という5種類の生薬を配合していますが、血流が滞っている状態を解消することで、女性に生じる病気を改善していきます。
血の流れを良くすることで子宮内膜炎や月経不順、月経困難など女性特有の病気に効果を発揮します。
そして桂枝茯苓丸のPMSに対する作用には、めまいや頭痛、のぼせ、肩こり、腹痛といった症状の改善が挙げられます。

桃核承気湯には、大黄、芒硝、桃仁、桂皮、甘草という5種類の生薬が配合されています。
大黄や芒硝には、腸管を刺激することで腸の働きを活発にする作用があるので、これにより便秘が解消されます。
また、桃仁は血行を改善させる働きが知られています。
こういった作用から桃核承気湯は月経不順や月経困難症、月経痛の改善に用いられます。
そしてPMS症状における桃核承気湯の効果には、便秘、肩こり、のぼせなどが挙げられます。

このようにそれぞれ含まれている生薬や効果も少しずつ違いますが、その人の体質やPMSで出てくる症状によって、その漢方薬に対しての向き不向きがあります。
例えば当帰芍薬散が合っている人の体質は、体力がない、色白である、痩せていて華奢な体つきである、むくみやすいといった人に有効とされています。

桂枝茯苓丸は、体力がある、比較的がっちりした体格、ニキビができやすい、赤ら顔である、くまができやすい、子宮内膜症がある、痔になりやすい、のぼせやすいといったタイプ、症状を抱える人に向いています。
当帰芍薬散が虚弱体質の人に向いているのに比べ、桂枝茯苓丸は比較的体力のある人に用いられる漢方薬です。

そして桃核承気湯は、体力が比較的ある、のぼせて便秘しがち、うっ血や腫れがある、生理前に甘い物が食べたくなる、イライラするといったタイプの人に向いてます。
元々血流改善に効果があるので、血液循環が改善される事で便秘が解消されたり、肥満傾向の人やガッチリした体力のある人に生じるのぼせにも効果があります。

PMSの精神的症状に効く漢方薬

PMS特有であるイライラや不安感、憂鬱感、気分が落ち込むといった精神的な症状は、感情をコントロールする脳内物質であるセロトニンが減少することが原因です。
そのためPMSの精神的症状を改善させるには、自律神経のバランスを整え、セロトニンの分泌を促したり、精神面を安定させる効果を持った漢方薬を使います。
精神症状に有効な漢方には、女神散と加味逍遥散、抑肝散の3種類が挙げられます。

まず女神散は、ホルモンバランスの変動などで起こる女性の不調や血の巡りが悪い状態の時に用いられます。
女神散に配合されている生薬は当帰、川芎、蒼朮、香附子、桂皮、黄芩、黄連、人参、檳榔子、丁子、木香、甘草など豊富で、水分代謝と血行を改善する作用があります。
女神散がPMSの症状に対して期待出来る効果には不安や不眠、めまい、のぼせ等が挙げられます。
他にも月経前後のトラブルや産後のマタニティブルー、ホルモン変動に伴う自律神経失調などにも取り入れられています。

加味逍遥散も柴胡、芍薬、蒼朮、当帰、茯苓、山梔子、牡丹皮、甘草、生姜、薄荷など10種類もの生薬が配合されています。
不眠や不安などの症状を和らげる漢方薬として逍遥散が知られていますが、この逍遥散に対して、生薬の牡丹皮と山梔子を加えたことから、加味逍遙散と呼ばれるようになりました。
イライラや気分の落ち込み、不眠症などPMSの症状に有効です。
また体の不調を感じた時に検査を受けても異常が無い状態を不定愁訴と言いますが、加味逍遥散はこの不定愁訴にも有効です。

そして抑肝散と言えば、神経症や不眠症などに対して使われる漢方です。
抑肝散には柴胡、釣藤鈎、蒼朮、茯苓、当帰、川芎、甘草という7種類の生薬が配合されており、イライラや不安、憂鬱感や過食などPMSによく起こりうる症状に効果があります。
抑肝散は小児の夜泣きや癇癪など子供に使用する漢方でしたが、現在は大人にも使われています。
気分変調障害や不安障害、緊張型頭痛、さらにはうつ病の改善にも応用されることがあります。

これら3種類の漢方薬もその人の体質や症状によって選んでいかなければいけません。
まず女神散は、体力は落ちていない、のぼせやめまいを伴う頭痛、動悸、精神不安、不眠などがある人に向いています。
ちなみに病院を受診した時、女神散が初診で処方されることは少なく、加味逍遥散の効きが良くなかったら切り替えとして出されることも多いです。

加味逍遙散が向いているのは、肩こりがあり疲れやすい、冷え性、精神が不安定、便秘の傾向がある人で、どちらかと言えば虚弱体質の人に効果が期待出来ます。
また抑肝散も虚弱な体質、神経が高ぶっているタイプに良い作用をもたらします。
同じような精神的症状でもその人の体質によって女神散が良いのか、加味逍遥散が効くのか、または抑肝散が効果があるのか違ってくるので、漢方選びも慎重に行う必要があります。

漢方薬を処方する薬剤師漢方を購入するのはドラッグストアでも可能ですが、事前に医師や専門家のアドバイスを受けておくと安心です。
病院での診察は顔色や表情、態度、姿勢、体型、舌の状態をチェックする望診、声や話し方、咳や痰の様子、呼吸音を診察する聞診、自覚症状やこれまでにかかった病気、ライフスタイル、仕事、月経の様子などを聞く問診、脈と腹部を診察する切診などがあります。
全身をくまなくチェックしてもらう事で、より自分にあった漢方を選ぶ事が出来ます。

また最近は、漢方専門薬局でも漢方を処方してもらうことができます。
病院では医師と話をしたり相談出来る時間も限られていますが、専門薬局では時間をかけて相談ができ、また漢方のスペシャリストに生薬を調合してもらえるという点がメリットです。
特に精神的症状で悩んでいる人の場合は、相談出来る人がいるという事が安心感にもなります。

関連記事はこちら